社内Q&A

このサイトは、アークシステムテクノロジーズ株式会社の
社員専用サイトです

記事一覧

アイコンクリックでトピックが閲覧できます

new!【最新トピック】を更新しました

トピック内容の説明

 

 

 

smart API

今までの朝礼を読む事ができます

APIを利用する為に、㈱CISの契約が必要です。

契約完了後、ID・PASSを記載したメールを送ります。

※HCSのID・PASSと同じ。

全宅管理の加盟状況及びアークの登録状況により違う

・全宅管理に加盟している場合

月額3,300円(税込)

申込み1件毎に220円(税込)

2次審査利用1件毎に1,100円(税込)

 

 ・全宅管理に加盟していない場合

月額3,300円(税込)

申込み1件毎に330円(税込)

2次審査利用1件毎に2,200円(税込)

 ※但し、アークに登録している場合、

 月額料金は発生せず更に保証の申込みをした場合は上記料金は発生しない。

保証に申込みをした時点で料金は発生しません。

月末に利用件数を集計し、翌月5日までにメールで請求書を送ります。

支払いは銀行振込、若しくは会社名義又は会社の代表者名義のクレジットカードになります。

※振込手数料は含まれません。

世間は相変わらずコロナの問題で毎日その話を聞かない事はないという日が続いております。コロナの発生から丸1年以上が経過し、この先どうなっていくのだろうかと思っている方も多いと思いますが、毎回異口同音に申し上げている通りコロナの問題は無くなりません。

その中で私たちが何をしなければならないのかという事をぜひ皆さんには考えて頂きたいです。

世の中はこのコロナを機に大きく変わろうとしていますが、厳しいビジネス業態も明らかになってきて、その業態では難しい業務が自ずから求められています。

飲食業界の他、野球・サッカーなどのスポーツ観戦、コンサート・観劇など、様々な分野が試練を味わっています。

 

これらを含め、全体間の流れを見ると、大きなうねりでこの世の中が今変わろうとしている事が感じ取れます。現在も私達はマスクもしながら色々なことを強いられて苦労していると思います。本当に今までの生活を送ることが難しくなってきていますが、それを難しくなってきていると捉えるのか、もしくはこれから新しい生活業態、生活仕様が変わっていくのだと、そしてそれらを自分達で創っていくのだという風に考えるのか、それは皆様自身の心の軸足の違いによって大きく変わってきます。

会社の業務を始め、私たちの仕事も全く同じです。これらが大変だと考えていると変化についていけない上に、変化を自らリード出来ない・新しい業態業域が創造出来ないという事になってしまいます。

 

私達は日常の生活が強いられて様々なところに負担を感じながら生きている訳ですが、その負の部分をプラスに切り替えていけるかどうかは、皆さんの心持ち・気持ちの持ちよう・軸足の置き方にかかっています。

“新しいものを創造していく”この負担を負担と考えずにこれから変わっていくのだと、どの様に変わっていけばいいのかという事を考えながら過ごして頂きたいなと思っています。

 

私も日々当社の業態業域もどのように変わっていくのかというのを考えております。

営業の皆さんには様々なチャンス・チャンネルでコミュニケーションが出来る様にして頂き、例えば動画であったり、Zoom・Google Meet・Skypeでも様々なことに挑戦して行って頂きたいと思っております。

更に営業の皆さんには各々専用のHPを作成して頂き、自分の色々な思いの丈や業務に関する事を発信していけるようにしたら良いのではないかと考えております。

 

改めて皆さんにお願いしたいのは、コロナに強いられている負の部分を負と考えずにプラスに転換していけるようにして頂きたいと思います。

この2月はまだ寒い日が続きますが、私の知人の旦那さんや奥さんが病気になった・入院したなどの話を聞きました。その様な場合でも今はお見舞いに行けません。病院にも行けない

との事でした。

これから判るように、私たちは絶対に怪我をしない・病気にかからない等、言うまでもなく自己管理が最も重要です。

以上のようにコロナ禍における負を負と思わずに自分が今これからしていこうという事を、180°生活様式から変えて頂きたいと思います。

 

何度もお伝えしていますが私がお願いしたいのはこれを機に自分自身が本当に変わると、変わっていかなければならないということです。

コロナは無くならない訳ですから、いわゆる共存の仕方を考えていくことが2021年にかけられている使命ではないかと思います。

もちろんその中には楽しむ方法・エンジョイする方法・プライベートの時間も含まれております。そのような事を含めてしっかりと自分なりに対応して変化していって頂きたいなと思います。

 

最後に一つ褒めたいのは、この間当社のスタッフが更新しているツイッターを見て、それをずっと追いかけてアメーバのブログにいったら本田君の記事がありました。

私は返信もしましたが、なかなか文才のあるブログを書いているなと思いました。

しっかりと起承転結した内容で、それは多分自分の気持ちを素直に書いたからだと思います。読んでいる側もすごくすっと読めて気持ちが入ってくるというものでした。

この様なものも一つの楽しみだと言えるかもしれません。

ぜひ皆様方が個人それぞれに自分の喜びや楽しみをしっかりと抱いて頂きながら、仕事も創造力を駆使して頑張って頂きたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。
本日は新年の仕事初めに当たり、 派遣の皆さんを含め、 全員 出席頂きまし た。 本当にありがとうございます。
皆さん初夢はご覧になりましたか。初夢
は 正夢となって 現実に 夢が叶うということは昔から言われています。私は、夢で見たものを結構覚えており、夢で見た通りの現象がそのまま起きて、自分自身恐ろしくなって仰け反ったということが昨年 2 回ありました。
所で、皆さん「 はかない 」という単語はご存じですか。 「 はかない 」の意味を辞書で調べると、「頼る確かなものがない」「無常」「淡く消える」等が書かれています。
ここにいる人で「 はかない 」という漢字 を書ける人はいますか? ・・・・
はい、本田君!「はかない」の漢字は
本田「人偏に夢と書きます」
その通りです。
それはどういうことを指しているのか、正月三が日考えて出した自分なりの結論は人が人なりのもの
を考えて夢を追うだけであれば、それは儚く終わってしまうということではないかと考えました。
人間が人間である自我を出して人なるものの欲求のままの 夢 は 叶わ ず、 それは儚く終わってしまう 。 夢を 達成 したいならば遮二無二になって己を捨てて向かっていけばその夢が叶うと思いました 。これは私の説なのでそれが正解かどうかは分かりませんが、皆さん興味があれば 東洋 漢字等を紐解いて語源を調べてみてください。
一方、夢を叶える為に私達は日々仕事をし、 夫々の人生があります 。もう一度原点に返って無心になって会社では 目的・目標 、 個人では 夢に向かって 努力して 行けば 自ずと道は開けるのではないかと思います。
私は、年末年始恒例で日記を読み返しています。
各年の 年末に話したこと、年始に話したことを振り返るためにざっと 20 年分位読み返してみましたが、話している内容は例年ほとんど変わりありませんでした。
連携を行うこと、 情報共有を行う こと、 自覚と責任を持つ ことなど 、 そして 時代に即応 して 変化していくということ に合わせて 常に 世の中が変化しているということを話してます。 以上のことは 原則 で
あるがゆえに変わらない 内容だ と思います。
昨年は例年の話しに加え コロナという単語 が加わりました 。 このように 世の中はいつも動いて変わっています。変化に 対応して いくためには、己を持あってしっかりと考え 、行動し ていくということが重要だと思います。己を大切に無心になってやりたいことを貫いていく、 そういう 一年 でお願いしたいと思いま
す。皆さん が健康である事は言うまでもなく、 一年間よろしくお願い致します。

方舟倶楽部活動報告

方舟倶楽部では、暑気払い、ゴルフを始め様々な活動を行っております。

今回はm/dに、ゴルフを行いましたよ

誰が優勝したのでしょう?

気になる方は下記をクリック!

社内ニュース

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

社員ブログ

アークシステムテクノロジーズの営業マン・営業事務のブログをamebablogで連載中!

下記ボタンクリックで外部リンクが開きます。

アークシステムテクノロジーズ株式会社 創立20周年記念動画

2020年12月にウィズザスタイルにて開催された、20周年記念パーティー。

そのパーティーで流した動画を公開中です。

Slide 1 Heading
Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor
Click Here
Slide 2 Heading
Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor
Click Here
Slide 3 Heading
Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor
Click Here
Previous
Next
タイトルとURLをコピーしました